1. HOME
  2. 大蔵屋お役立ちコラム
  3. 財布の買取はブランド品だけ?損をしないための基礎知識

財布の買取はブランド品だけ?損をしないための基礎知識

  • ブランド品買取
  • お役立ち知識
  • 買取相場
2021年10月25日
財布の買取はブランド品だけ?損をしないための基礎知識
のはらのプロフィール画像

ライター

のはら

「財布を売りたいと思っても、結局どこで売ったらいいのか分からない」と思っている方もいるのではないでしょうか。近場だとリサイクルショップに持っていくことも可能ですが、ブランド品だとちょっと損をしているかもしれません。
この記事では適した財布の買取方法をご紹介していますのでぜひご参考ください。

ノーブランドの財布だと売れない?

財布の買取はブランド品を取り扱っているところが多いですが、ノーブランドはダメなのでしょうか。

結論からいうと、ノーブランド品の財布も売れますが業者は限られます。買取後の財布は、クリーニング等をした後に再販売されます。ノーブランドの中古品は需要が低いため、そもそも買取の需要も少ないのです。

ブランド品の買取業者で断られた財布はリサイクルショップで売れる可能性が高いです。ノーブランド品をはじめ他店で断られたような品物でも、買取しているようなリサイクルショップもあります。

またフリマやオークションで売るのも一つの方法です。もともと査定で値段がつきにくいノーブランドの財布は、状態が良ければフリマのほうが高く売れる可能性もあります。

財布を売る方法は3つ

財布を売る方法は以下の3つです。

ブランド品買取業者

ブランド品の買取を専門に行っているため、ブランド品に詳しいスタッフがいるのが特徴です。そのため、ブランド財布の価値を適切に見極めてくれます。1点だけでも買取している業者が多いですが、他にもブランドバッグなどをまとめて売ると査定の手間が省けるので査定金額も高くなります。

リサイクルショップ

リサイクルショップは財布だけでなく、幅広い品物を買取しているのが特徴です。そのためブランド品に関する専門性の高い知識は期待できません。家電製品やホビー用品など、財布以外もまとめて売りたい場合はリサイクルショップが便利です。

フリマ

フリマは自分で設定した金額で売ることができるツールです。最近はフリマアプリを使用して、スマートフォンでも出品できます。状態が良ければノーブランドでも売ることができますが、ブランド財布だと「実際には設定した金額以上の価値がある」場合があります。フリマを利用するのは「この金額さえ手に入ればOK」と明確な場合におすすめです。

こんな財布でも売れる

買取業者では以下の状態でも買取が可能です。

箱なし

ブランド財布を購入すると、箱に入った状態になっていますが、すぐ使うからと箱をなくしてしまうことも多いと思います。

財布において箱も立派な付属品ですが、ブランド品だと箱がなくてもさほど影響はありません。買取金額から減額はされますが、その金額はおよそ1,000円以下です。箱なしの財布で買取金額が気になる場合は、査定のときにいくら減額になるのか聞いてみてもよいでしょう。

汚れがある

買取業者は、「この状態でも大丈夫ですよ」とある程度買取の目安を示しています。多くの業者では多少の汚れがあっても買取は可能となっています。というのも、中古品は状態によってランク分けされて、多少のキズや汚れでも減額はされても買取対象品だからです。

中古品のランク分け一例

  • A 新品同様の未使用品
  • B 未使用ではないが新品同様
  • C 目立ったキズや汚れがない良品
  • D 使用感のある品物
  • E 目立つキズや汚れがある

ランクの分け方は業者によって違いますが、新品に近い状態ほど買取金額は高くなります。また、もしキズや汚れがあってもランクが下がり減額はされますが買取は可能です。

ただし、あまりにもボロボロな物は対象外となる場合があります。ハイブランド財布だと修理して再販する場合もありますが、一度査定で聞いてみるのが確実です。

ブランド財布の買取相場

ここではブランド財布の買取相場をご紹介します。

ブランド別 財布の買取相場

ブランド名 相場
ルイヴィトン 20,000円~60,000円
エルメス 70,000円~180,000円
シャネル 60,000円~140,000円
プラダ 10,000円~50,000円
グッチ 600円~27,000円
イヴサンローラン 15,000円~20,000円
セリーヌ 15,000円~40,000円
ロエベ 5,000円~50,000円
ミュウミュウ 5,000円~50,000円

ハイブランドは基本的に一定の需要があるため、そこまで変動はしないですが、近年はミュウミュウなどのブランドは買取価格が高騰しています。ミュウミュウは20代~30代の女性に人気があり、比較的中古品への抵抗がなく需要が高いためです。

このように財布の買取相場はブランドの需要によっても変わります。ただし年月が経つほど買取価格は安くなるので、できるだけ早めに出すのがおすすめです。

財布を売るときにギャランティカードは必要?

ブランド品を購入したときにギャランティカードがついてくることがあります。ギャランティカードは商品が正規品であることを証明するカードです。エルメスやルイヴィトンはついてこないですが、他のブランドでは基本的についてきます。

ブランド品買取業者ではギャランティカードの有無を確認されることがあります。無かった場合に買取を断られることはありませんが、ブランド品の取り扱いに慣れていない業者だと断られる場合があります。これは本物と偽物の区別がつけられないことがあるからです。

ギャランティカードはブランドによって形状は異なりますが、プラダの場合クレジットカードのような見た目をしています。

例:プラダのギャランティカード

プラダ ギャランティカードの画像 カードに載っている情報
プラダのギャランティカード
  • 型番
  • 素材
  • カラー
  • 購入店
  • 購入日
  • 購入した人の名前

まとめ

財布の買取についてまとめると以下の通りです。

  • ノーブランド財布はリサイクルショップかフリマで売れる
  • ブランド財布はブランド品買取業者がおすすめ
  • 多少の汚れがあっても売れるが一度査定するのが確実
  • ギャランティカードがあると正規品の証明になるのであったら提示する

財布のなかでも、とくにブランド財布は中古市場でも需要があります。多くの業者はLINEでも査定を受け付けているので、一度無料の査定を依頼して業者を決めてもよいでしょう。