1. HOME
  2. 大蔵屋お役立ちコラム
  3. 金貨の買取価格に注目!2021年金相場高騰の今こそ売却!

金貨の買取価格に注目!2021年金相場高騰の今こそ売却!

  • 金買取
  • お役立ち知識
  • 買取相場
2021年11月29日
金貨の買取価格に注目!2021年金相場高騰の今こそ売却!
しみずのプロフィール画像

ライター

しみず

このコラムではどんな金貨が買い取ってもらえるのか、金貨の買取価格の相場がどういうときに上がりやすいのか解説しています。金貨は金でできているので額面以上の価値を持っており、特に近年、金の価格相場は高値で推移していますので、売却は資産の活用ということにもなります。ぜひご覧ください。

そもそも金貨は普通の硬貨とは違う?

金貨

そもそも各国で発行される金貨は、普通の貨幣(硬貨)と何が違うのでしょう?
日本では硬貨について造幣局(ぞうへいきょく)で製造されていますが、現在、日本はもちろん、他国でも日常生活で使うための貨幣(本位貨幣)として金貨は製造されていません。

しかし、それでもコレクターが生まれるほど金貨というものは多数出回っています。
代表的な金貨については以下にまとめました。

世界三大金貨

カナダのメイプルリーフ金貨、オーストリアのウィーン金貨、オーストラリアのカンガルー金貨は一般に世界三大金貨といわれています。カナダとオーストラリアは金の一大産地としても知られています。

メイプルリーフ金貨 (カナダ)

メイプルリーフ金貨

1979年から発行されているもので、カナダ王室造幣局が発行する金貨です。
贈答品などとして贈られるのも、この金貨の歴史が長いことも関係しています。
純度はK24(99.99%以上の純金製)のもので、1トロイオンスのものを始めとして各種のものが販売されており、流通量は現在世界一とも言われています。
ラインナップは1オンス、1/2オンス、1/4オンス、1/10オンスの4種類となっています。

ウィーン金貨 (オーストリア)

ウィーン金貨

ウィーン金貨は1989年からオーストリア造幣局が発行しています。ビオラやパイプオルガンなど、ウィーンを拠点とするウィーン・フィルハーモニー管弦楽団をモチーフにしたデザインとなっています。
2004年には少数の限定品として重さ31kgを超える巨大な金貨を鋳造していて値段は鋳造当時のレートで6千万円とのこと。

なお、メイプルリーフ金貨もウィーン金貨も田中貴金属工業株式会社にて購入できます。
ラインナップは1オンス、1/2オンス、1/4オンス、1/10オンスの4種類となっています。

カンガルー金貨 (オーストラリア)

カンガルー金貨

名前の通りカンガルーがレリーフとして刻まれている金貨で、二匹のカンガルーが並ぶものや、親子のカンガルー、月夜のカンガルーなどデザインが変わることからコレクターにも人気で、実際の金相場以上に値段が変動する場合もあるそうです。日本では三菱マテリアルが輸入代理店をつとめています。
ラインナップは1オンス、1/2オンス、1/4オンス、1/10オンスの4種類となっています。

トロイオンスは金貨の重量を表記する際に使われる単位で【oz】と表記され、1ozはグラムに換算すると31.1034768gとなっています。
日本国内で使用される場合は 1oz=31.1035g と定義されています。

その他の金貨

世界三大金貨のほかにも、各国で発行される金貨も買取が行われています。

イーグル金貨 (アメリカ)

イーグル金貨はもともと実際に国内の経済活動にも用いられていた本位貨幣でしたが、1986年からは地金型金貨として発行されています。

パンダ金貨 (中国)

カンガルー金貨に似ていますが、こちらは中国政府発行。パンダのデザインが可愛らしく、カンガルー金貨同様にこちらもデザインが年々違うためコレクターが存在しています。

ナゲット金貨 (オーストラリア)

ナゲット金貨は、カンガルー金貨より前にオーストラリアが発行していたもので、ナゲットとは自然金塊の見た目からついた名前です。
現在ではすでに流通していたものが売買されるのみです。

クルーガーランド金貨(南アフリカ共和国)

南アフリカ共和国発行の金貨で、かつては金貨といえばクルーガーランドなどと言われたものですが、南アフリカ共和国の政治情勢の影響で各国が輸入を自粛したことから流通量が減りました。現在でも少数の販売が継続されています。
K22(22金)で純度91.67%の金を含む1トロイオンス金貨として販売されています。

天皇陛下御即位記念金貨(日本)

日本でも金貨は発行されますが、主に天皇陛下御即位記念のものが多いです。また、国内での大きなイベントや、災害復興を記念して発行され、近年ではFIFAワールドカップの開催記念や、東日本大震災に関連して発行されました。

金貨には 地金型金貨収集型金貨 の2つがあります。
本質的には地金型金貨も収集型金貨も同じものですが、地金型金貨は 資産管理の方法の一つ として選ばれることがあるのに対して、収集型金貨は各種のイベントなどを記念して作られるものがあることから、コレクション性をより高めた地金型金貨ということもできます。 収集型金貨は普通の金貨の買取価格の相場より高値で取引されるものがあるのも特徴です。

金貨の売りどきとは?

相場チャート

現在流通している殆どの金貨は地金型金貨と呼ばれるもので、基本的には純金相場と連動した価格で取引が行われています。
つまり、金の買取価格が高騰する時期を狙えば、金貨の買取相場も高くなっていることになります。

世界で大事件が起きている

金相場の高騰に連動する都合上、金貨の買取価格があがるタイミングは金相場とほぼ同様です。
特に金の買いが集中するときや、金の相場に変動がある場合は世界のどこかで政治的に危険な事態が発生している場合がありますので、注意を要することです。
しかし、金地金や金貨の買取価格に関することに限れば、相場が高いうちに売れてしまえば、特をすることができます。

中央銀行による金の購入

ものというのは需要と供給で成り立っており、需要が大きくなると供給側は価格を上げていきます。金も同様で購入される量が増えれば増えるほど価格は上がっていく傾向にあり、特に各国の中央銀行が金を購入すると、購入する量が個人投資家とは比べ物にならないので市場に与える影響が大きいようです。
近年ではインドや中国が購入する量が増えていることも覚えておくといいでしょう。

社会不安が金の高騰を生む

もちろん金に限らず金融取引における相場の変動は様々な事象が絡み合い複雑に影響していますし、本質として金貨の買取価格が完全に連動するわけではありませんから単純に論じることはできないものです。

しかし、世の中が不安になっているときは金の価格が上がる(金なら安心とお金が流れる)という傾向があるようです。

金貨がネックレスやペンダントになっている場合は、その金具やチェーンも金で作られている場合があります。
もし、金貨を見つけたときなどに、そういった付属品もあれば一緒に査定してもらうと、案外金でできていて…ということもあるかもしれません。ネックレスが喜平ネックレスでできている場合もあり、かなりの量の金が使われている場合もあります。

プレミアがつく?金貨の価格の決まり方

金貨とインゴット

現在販売されている金貨の多くは地金型金貨と呼ばれるもので、本質的には金のインゴットと同じく金の重さで価格が決められていますので、日々の金相場と連動した価格と考えて大丈夫です。
ただし、地金の買取価格と金貨の買取価格は別々に設定されていることが多いので、金1ozの価格と1oz金貨の価格が同じ、というわけではありません。

偽物だったらどうしよう…と悩む前に

金貨の買取をお考えの方の中には、これが偽物だったら…と不安になる方もいるようです。
金貨は価値が高く、それゆえに偽物が多数出回る例があります。

日本であれば三菱マテリアルや田中貴金属工業株式会社のショールームなどで購入された場合はともかく、貰い物や家に昔からあるものだとその金貨が本物かどうか確証を持てない場合があります。

金貨の場合は色合いや重量や比重、診断機などを用いて本物の金が用いられているのか判断することが不可能ではありませんが、知識のない方が行うよりは、知識を持つ金貨の買取業者に任せておくことをおすすめします。

鑑定書・証明書があれば安心

自信を持てない場合でも査定を依頼してみると、発行年代や金貨の種類によっては金地金の価格以上の値段が付く場合もあります。

また、本来金貨は証明書や鑑定書などが付属していることがほとんどです。保管場所や購入時の袋や箱などの中をよく確認しておきましょう。
まれに、海外のアンティーク金貨だと専門の検査機関の鑑定書がついている場合もあります。

通常、金貨として買取を行うのは現状流通しているものがほとんどです。
それ以外の記念金貨や古い金貨については同じ金貨でも歴史的価値なども含めた査定になります。

まとめ

金貨の買取価格や相場についてご紹介してきました。金貨の買取価格が高値で推移している今、買取をご検討されてはいかがでしょうか?この記事がご参考になれば幸いです。
以下にこの記事の要点だけまとめておきましたので、合わせてご覧ください。

  • メイプルリーフ金貨、ウィーン金貨、カンガルー金貨は世界三大金貨と呼ばれるほど人気
  • 金貨の買取相場は金の価格相場にも影響を受ける
  • 金貨には地金型金貨と収集型金貨があり、収集型金貨は場合によっては相場以上の値段がつく
  • 世界情勢が不穏なときは金の相場があがりやすく、金貨の買取相場も高くなることが多い
  • 金貨の買取の際は鑑定書などが付属していると査定がスムーズ