1. HOME
  2. 大蔵屋お役立ちコラム
  3. 翡翠の買取相場とは?原石は売れる?信頼できる業者選びのコツ

翡翠の買取相場とは?原石は売れる?信頼できる業者選びのコツ

  • 宝石買取
  • お役立ち知識
  • 買取相場
2021年10月22日
翡翠の買取相場とは?原石は売れる?信頼できる業者選びのコツ
のはらのプロフィール画像

ライター

のはら

「使わなくなった翡翠のアクセサリーを売りたい」
「宝石に詳しくないけどどこで売ればいい?」

翡翠の買取をお考えの方は、不要になった翡翠をどうにか納得できる形で売りたいと思っているのではないでしょうか。しかし翡翠の買取を行っている業者はたくさんあって、どこがいいのか分からないという方も多いはず。

この記事では翡翠を売るときに知っておきたい相場や業者選びのコツをまとめています。ぜひご参考ください。

翡翠は濁りがあると安くなる

翡翠は石が大きいほど査定金額が高くなりますが、他にも翡翠の中の「濁り」によっても買取金額は変わります。濁りがないほど透明感があり、見た目も良いからです。

以下は濁りの程度によってランク分けされた買取相場の目安を示した表です。

濁り別 翡翠の買取相場

ランク 1カラット 3カラット 5カラット 10カラット
Sランク 1万円〜
3万円
10万5,000円〜
21万円
26万円〜
53万円
100万円〜
150万円
Aランク 8,000円〜
1万8,000円
6万3,000円〜
9万4,000円
17万円〜
20万円
50万円〜
70万円
Bランク 3,000円〜
5,000円
2万円〜
4万2,000円
4万5,000円〜
10万5,000円
12万円〜
50万円
Cランク 300円〜
4,200円
2,000円〜
1万6,000円
3,000円〜
3万5,000円
5,000円〜
35万円
Dランク 0円〜
3,500円
100円〜
12,600円
300円〜
2万4,000円
1,000円〜
7万円
翡翠のランクの図

買取業者は宝石の状態によって、ランクをつけています。ランクの付け方は業者によって異なりますが、おおよそ5段階~7段階でつけているところが多いです。

翡翠で濁りがあるものは見た目が悪く、1カラットほど小さいと値段がつかないこともあります。逆に濁りがないだけで、万単位で買取金額は変わります

他にも翡翠は照りがあったり、人工的に着色されていない天然ものだったりすると買取金額は高くなります。

信頼できる業者に依頼するには?

手元にある翡翠が実際にどのくらいの価値があるのか、自分では見分けがつきにくいと思います。もし価値があるものだった場合、きちんと査定してもらえて相応の金額で買い取ってくれる業者だと安心です。では、どのような業者に依頼するべきなのでしょうか。

複数社で査定して対応や金額で決める

買取業者が実際にどの金額で買い取るのか、というのは査定に出してみないことには分かりません。査定をして納得いく金額であれば、そのまま買取依頼をしてよいでしょう。また信頼できる業者なのかを判断するためにも、一度査定をしてその対応の仕方で選んでもよいと思います。

基本的にはどの業者も査定のみの依頼を受け付けています。最近だと、LINEで写真を送るだけで査定してくれる業者も多いです。

利用者の声を参考にする

翡翠の買取業者の公式ホームページに、実際に利用した人の感想などが掲載されている場合があります。どのような対応だったのか、金額には満足したのかが載っているので、業者選びのときに参考にするのも業者を選ぶ方法の一つです。

鑑別書があると安心

翡翠は宝石の一種です。もし翡翠をお持ちであれば、鑑別書が一緒に保管されている可能性があります。

鑑別書とは、あらゆる石に対して発行され、鉱物名や透明度などが記載されている書類です。ほかにもカットの形式や重量、寸法などが書かれています。

業者に買取を依頼するときにはこれらの情報を聞かれることがあるので、手元に用意しておくとスムーズです。またほとんどの買取業者は鑑別書がなくても買取は可能です。

翡翠の鑑別書

翡翠は原石も売れる?

翡翠は原石で販売されていることも多い石です。結論からいうと、翡翠の原石も買取に出すことができます。宝石は原石の状態でも研磨したり、加工をすることで再販が可能だからです。ただし、原石の買取が可能かどうかは業者によって異なります

翡翠の原石の買取業者を選ぶときは、「原石の買取も行っている」とアピールしている業者がおすすめです。このような業者は原石の取り扱いにも慣れており、原石でも適切な価値を見出してくれます。

また、翡翠のアクセサリーでも原石の表面だけ加工したようなものもあります。買取可能か判断が難しい場合は、直接問い合わせてみたり、LINEやメールの査定で写真を送ってみるのが確実です。

翡翠とは

翡翠は日本でも古い歴史を持つ緑色の石です。縄文時代にはすでに翡翠が発見され、およそ7,000年の歴史があるとされています。また集落の支配者や巫女などの墓から発掘されていることから、権力を持つ者の象徴として使用されていたと考えられています。

じつは翡翠にも、硬石(ジェダイト)と軟石(ネフライト)の2種類あります。硬さが異なり、硬石は別名「ひすい輝石」といわれ価格も高価です。軟石は別名「角閃石」と呼ばれ違う鉱石です。しかし見た目が似ていることから、2つとも「翡翠」と分類されています。

翡翠の買取のときには、この硬石と軟石を見分けるのも重要です。しかし、この2つを見分けるのは宝石の鑑定の中でも難しいといわれています。見分けるときは光を当てて見える繊維の種類で鑑定します。

また翡翠はパワーストーンとしても東洋を中心に人気があります。日本でも5月の誕生石として有名です。中国では一族繁栄の象徴として有名で、古くから装飾品や彫刻に使用されてきました。買取業者ではアクセサリーだけでなく、翡翠の彫刻品なども買い取っています。

まとめ

翡翠は大きさだけでなく、濁りの有無によっても価値が決まります。また翡翠の買取を行っている業者選びで、お悩みの場合はまず査定に出してみることをおすすめします。LINEで査定を依頼できる業者もあるので、複数社で査定してみてから業者を決めてもよいでしょう。